スポンサーリンク

gadget

Mac・iPad ・ iPhoneの連携でできる神機能8つ!

スポンサーリンク

こんにちはレオです。
今回は、『Mac・iPad・iPhoneの神機能8つ』を紹介します!
悩む人

こんな方におすすめ

  • これからApple製品買いたいけどメリットなんだろう、、
  • Mac、iPad・iPhone等持ってるけど便利な使い方ないかな、、

Apple製品は持ってるけど、どう使ったらいいかイマイチ、、もっと便利に使いこなしたい!と思いますよね。

僕も、Apple製品同士で便利な機能ないかな〜と思ってました。そこで、実際に使っている神機能をご紹介します!

本記事の内容

  • 今すぐ使いたくなるMac×iPad or iPhoneの神機能8つをご紹介!

記事を読むメリット


この記事を読むと、Apple製品のメリットと、すぐに使いたくなる8つの機能が理解できるようになります。

ここから解説していきます!

Mac・iPad・iPhoneの連携でできる神機能8つを紹介

まず、その8つの機能をまとめてご紹介します!

神機能8つ!

  • Handoff
  • ユニバーサルクリップボード
  • Instant Hotspot
  • 連携カメラ
  • 連携スケッチ
  • 連携マークアップ
  • Sidecar(AirPlay)
  • AirDrop

ここから1つ1つ解説していきます!

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能①Handoff

Mac:設定>一般>このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可をオン
iPhone,iPad:設定>一般>AirplayとHandoff>Handoffをオン

にすると、

着手したデバイスの作業を中断しても、近くにあるデバイスで中断したところから作業を再開できる、というものです。

例えば

↓↓MacでSafariを開いていて、途中iPhoneに切り替えたい時に、
iphoneで続きが見られるということです。

このような感じで、下の、”Macの名前”からを押すと、中断した所から閲覧することができます。

iPhoneで閲覧してたけど、やはり大きい画面のMacで見たい、となった時にすぐ切り替えできますね。

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能②ユニバーサルクリップボード

Mac:設定>一般>このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可をオン
iPhone,iPad:設定>一般>AirplayとHandoff>Handoffをオン

にすると、(上の項目と同じ設定)

着手したデバイスでコピーを行うと、他のデバイスのクリップボードにもコピーされ、そのデバイスでペーストできる機能です。

例えば

iPhoneで『りんご』というワードをコピーしたら、
Macの方で『りんご』がペーストできるということです。

これは、いちいちLINE等を通さずに、テキストのやり取りができますね。

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能③Instant Hotspot

これは、インターネット共有が可能なべデバイスに接続する時、パスワードの入力なしに接続できるという機能です。

例えば

↓↓Macを外で使用して、iPhoneの回線を使いたい時に、
Wi-Fiマーク>iPhoneの名前を選択すると、パスワードなしに接続できます。

まれにWi-Fiがない環境で作業したい時に
この方法でスムーズに接続できますね。

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能④連携カメラ(Mac OS Mojave限定

Macを通して、iPhone、iPadを使って書類スキャンや写真撮影をすると、Macに表示されるというものです。

これができるMacのアプリは以下です↓
  • Finder
  • Keynote
  • メール
  • メッセージ
  • メモ
  • Numbers
  • Pages
  • テキストエディット

例えば

メモアプリをMacで開き、書類や写真を追加したい時に、
左上のファイル>iPhoneまたはiPadから挿入>写真を撮るなどにすると、
追加できます。

しかし、これはmacOS Mojaveのみの機能なので注意です。ほとんどのMacのOSは、macOS Catalinaなので、この機能を使うには、Mojaveにアップグレードが必要です。

今使っているMacのOSを調べる方法は、🍎マーク>このMacについて、です。

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能⑤連携スケッチ

これは、Macでスケッチを追加したい時に、iPhone・iPadからスケッチを行うことができる機能です。

例えば

Macで書類を開いていて、iPadからスケッチを追加したい時に、
ファイル or 挿入>iPhoneまたはiPadから挿入>スケッチを追加をすると、
iPadからスケッチを追加できます。

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能⑥連携マークアップ

これは、編集で線などを入れたい時(マークアップという)に、iPad・iPhoneからマークアップできる機能です。

例えば

この写真をiPadでマークアップしたい時、
右上のこのマークを選択すれば、iPadでリアルタイムマークアップできます。

ここで下の画像の通りですが、カラム表示かOverFlow表示でプレビューされる
画像の『マークアップ』の方を選択しないと、この機能は使えません。

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能⑦Sidecar(AirPlay)

これは、iPadをサブディスプレイ化できる機能です。

例えば

Macを使用中、サブディスプレイが欲しくなった時に右上のこのマークを選択すれば、iPadに接続可能しサブディスプレイになります。


これは、Mac画面だけでは足りない時にかなり助かってます!

Mac・iPad・iPhone連携でできる神機能⑧AirDrop

これは、Appleデバイス間で情報や写真などを共有できる機能です。

エアドロなんて言われ、かなり広く多くの方が使っている機能ですね。

例えば

iPhoneからMacに『金閣寺の景色』の写真を送りたい時、共有ボタンからAirDrop
を選択すると、簡単に写真が送信されるというものです。

実は写真だけでなく、音楽、Webページ、Youtube動画も共有できます!

Mac・iPad・iPhoneの連携でできる神機能8つまとめ

まとめます↓

神機能8つ!

  • Handoff
  • ユニバーサルクリップボード
  • Instant Hotspot
  • 連携カメラ
  • 連携スケッチ
  • 連携マークアップ
  • Sidecar(AirPlay)
  • AirDrop

なんと言っても、1番の機能は、『連携のスムーズさ』であると思います。

恐らく、全部のデバイスをApple製品にしたら、まるで1つのコンピュータのような世界観になるかもですね。

Apple製品の連携を楽しんでください!

スポンサーリンク

-gadget

© 2020 Reo Powered by AFFINGER5