スポンサーリンク

lifestyle needs

Airdrop相手を間違えた時の拒否方法(実証済み)

スポンサーリンク

こんにちはレオです。
今回は、『Airdropの相手を間違えてしまった時の拒否方法』を伝授します。
悩む人

こんな方におすすめ

  • 普段からAirdropを使う人
  • たまに送信先の人を間違えて押してしまう人
  • 間違えて押した時の取り消し方法を知りたい人

Airdropを使っていると、送る予定のない人をたまにタップしてしまいますよね、、

僕もやったことあります、、、笑

そんな時の解決方法をご紹介します!

本記事の内容

  • Airdropの相手を間違えてしまった時の拒否方法

記事を読むメリット


この記事を読むと、Airdropでの誤送信を恐れることがなくなり、間違えてしまっても正しく対処できるようになります。

次のセクションから詳しく解説していきます。

手元にApple製品が2つ以上ある方は、すぐに試してみてください!笑

Airdropの相手を間違えてしまった時の拒否方法

やり方はすごく簡単です。

キャンセル方法の手順

  • いつものようにAirdropの準備をする
  • 送信相手の選択画面に進む
  • 間違えて押してしまう(←たまにやる)
  • 1秒以内に相手のアイコンを1度タップする(←ここがポイント

実際にの動画がこちら↓(間違えた相手を即タップしてます

僕が所有しているiPhoneとiPadで実験しているので、確実な情報です。

2秒ではなく、1秒以内です!!ただこれは僕の目測なので、とりあえず『すぐにタップしなおす』ということです!

若干、瞬発力が試されますね笑

Airdropの相手を間違えてしまった時の拒否方法まとめ

まとめます↓

よくApple製品同士でAirdropを使用する人には便利ですね。

ぜひ一度、お手持ちのApple製品で試してみてください!笑

スポンサーリンク

-lifestyle, needs

© 2020 Reo Powered by AFFINGER5