スポンサーリンク

時事

Amazonプライム解約運動はどうでもいい

スポンサーリンク

現在、Amazonプライム解約活動が行われているのを
知っていますか?

ひょんなことから広まったことですが、
今回は簡単にまとめておきます。

以下で詳しく解説していきます。

そもそもAmazonプライム解約運動とは。

今月2020年8月頃に放送された、AmazonプライムのCM
にキャスティングされた人物を巡るボイコット運動です。

え?って思いますよね、
アマプラのサービス関係ないんかい、と

このCMにキャスティングされたのは、
国際政治学者の三浦瑠麗氏で、

『日本は老人や女性に徴兵制を導入すべきである』
と主張する学者です。

この意見を持った三浦氏をキャスティングしたことに
反論が生まれ、現在の解約運動が起きています。

Twitterのトレンドにも載った

この話題はTwitterのトレンドにも載りました。
まさに運動が行われていますね、、

そして「#Amazonプライム解約運動」として
ネット上で出回っています。

これに対しAmazonは、
トレンドワード入りに関しては、お客様の反応を
真摯に受け止めて、今後の制作に今後の制作に反映してまいります。
』(省略あり)
と前向きな回答でした。

Amazonプライムは解約しないで

この運動がきっかけで解約した人はいますか?
また、解約を考えている人いますか?

正直、これで解約は損します。
当たり前です。アホです。

もちろん、その人が決めたことなので、
深くは追求しません。

ですが、やはりアマプラのサービスを手放すなんてもったいない、
解約した人は今頃、後悔してることでしょう。

私もこのサービスを利用してますが、
やっぱりサイコーですね、

アマプラがサイコーなことについては
また記事にする予定です。

先に魅力の1つを伝えておくと、
学生は、月会費:250円で楽しめます。
(学生以外は月会費:500円)

まとめ

現代は、インターネットを使った拡散が多くありますね、、
良いことも良くないことも、、

一人一人が、誰かが発信した情報に流されないように
見極めできるようになるといいんですけどね、、、

私の勝手な意見ですが。

そんなわけで今回は、Amazonプライム解約運動を
解説していきました。

1つだけ言うと、
Amazonプライムは入るべきです。

スポンサーリンク

-時事

© 2020 Reo Powered by AFFINGER5