スポンサーリンク

時事

GAFA中国版?? 時価総額で比較(解説あり)

スポンサーリンク

こんにちはレオです。

今回は、中国版のGAFAがあると言うことで解説していきます。

こんな人にオススメ↓

  • GAFAについて少し聞いたことがある
  • GAFA中国版って本当にあるの?

中国関連の話題はかなり注目を浴びていますよね、この中国版GAFAについてもニュースになっていました。

本記事の内容
  1. 中国版GAFAの実態
  2. 時価総額で比較

この記事を読むと、GAFAに匹敵する程の、話題の企業について知ることができます。また、よく聞く『時価総額について詳しくなります。

知っておくと意外と便利です!

GAFAとBATHって何?(時価総額比較の前に)

GAFAとは

GAFAとは、Google・Apple・Facebook・Amazon
の4社からなる、巨大IT企業です。

どれもアメリカの企業であり、
知らない人はおろか、利用したこともありますよね。

余談です。↓

同じくアメリカのIT企業Microsoftですが、

昔は、GAFAにMicrosoftを加えた

GAFMA(ガフマ)という時代もあったそうです。

GAFAは消費者向け、

Microsoftは企業向けだったため、

現在は消費者向けビジネスの企業として

GAFAのみとなりました。

BATHとは

では、対する中国の4代IT企業
BATHとは、

Baidu(バイドゥ),Alibaba(アリババ),
Tencent(テンセント),Huawei(ファーウェイ)

の総称で、
それぞれの会社が、GAFAの対になってます。

企業の概要はこのような感じです。

Baidu(:Google)は、検索エンジン大手で、
世界で2番目に自動運転タクシーサービスを開始した会社。

Alibaba(:Amazon)は、電子商取引サービス会社で、
Amazonに次ぐ、世界2位の会社。

Tencent(:Facebook)は、世界最大級のアプリとゲーム会社で
WeChatというチャットアプリは、11億人以上のユーザーがいる。

Huawei(:Apple)は、スマートフォン出荷台数で
Appleを抜き世界2位、5Gに力を注ぐ会社。

これだけでもすごいですが、
ここから、時価総額の比較をしていきます。

GAFAとBATH各社の時価総額を比較

そもそも時価総額とは何か?
(これ覚えておくと得です。)

企業比較で、時価総額という言葉があります。
なかなか聞き覚えのない言葉ですよね、、

ですが、大事なので覚えておきましょう。

時価総額というのはなんなのかというと、
その会社につけられた値段です。

だいぶ省略しましたが、
イメージはそう思ってください。

時価総額を数式で表すとこうなります。

時価総額 = *株価 × *発行済み株式
*株価は、株式一枚の値段
*株式は、会社が出している株券の数

例えば、

「株式会社レオブロ」の

株価が100円、発行済み株式が10枚場合、

 

100円 × 10枚 =  1,000円(時価総額)

 

となるわけです。

 

つまり、1,000円を払えば、
株式会社レオブロを買い取ることができます。

「レオブロ」という商品がスーパーで1,000円で
買えるということですね。

ということは、時価総額というのは
その会社の数字上の価値であることが分かります。

では実際に各社の価値を見ていきましょう。

各社の時価総額を比較

GAFA
Google… 1.06兆ドル(=約111兆円)
Apple… 1.98兆ドル(=約207兆円)
Facebook… 7473億ドル(=約78兆円)
Amazon…1.66兆ドル(=約174兆円)

BATH
Baidu…413億ドル(=約4兆円)
Alibaba…6828億ドル(=約71兆円)
Tencent…6799億ドル(=約71兆円)
Huawei…非上場企業のため、時価総額は明記されていないが、5G製品のシェアは世界一位で35.7%

(1ドル=105円 2020/8/19時点)

GAFA中国版BATHの時価総額比較まとめ

GAFAとBATHを時価総額で
比較してきましたが、

あの大手GAFAに次ぐ企業が、
中国にあるということが分かりましたでしょうか。

ということは、中国に資金やビックデータが集まり、
中国が世界のトップに立つ日も近いかもしれません。

今後の中国、世界の動きに注目していきたいですね。

 

スポンサーリンク

-時事

© 2020 Reo Powered by AFFINGER5