スポンサーリンク

needs

じゃんけん必勝法!?場を制すのはあなただっ!!

スポンサーリンク

じゃんけんで、試合ではなく勝負に勝つ。
つまり、場を制する方法を伝授します。

あなた
↓こんな経験ありませんか?
~コートを借りてテニスをした後~
面倒くさA『コート、ブラシかけなきゃな~』
面倒くさB『それな~、どっちがやるかー?』
面倒くさA&B『じゃんけんで決めるか~~』
二人でじゃんけん
面倒くさA『わ~負けた~~』
面倒くさB『はい、ブラシどうぞ』
Aが負けて、ブラシをかけました。

この構図は、
ちょっと面倒くさいことをじゃんけんによって押し付けている、
です。

でもこれって、ちょっと悲しい気持ちになりません?
負けた側も勝った側も、スッキリはしないと思います。

ただの運でそんな感じになるのは、
言語道断!!!!

ということで、あなたがこの場を制しちゃいましょう。
どういうことかって?

結論

勝っても負けても、「自分を勝ちにする」です。

いやいや、どういうことやねんっ!!
という東京人の大阪弁ツッコミを入れたいあなたですが、

安心してください。
どういうことか、しっかりお話しします。

記事を読むメリット


今回であなたは、勝負に勝つことができるようになります。

じゃんけん必勝法!?場を制すのはあなただっ!!①勝っても負けても、「自分を勝ちにする」


実体験をもとにお話しします。

筆者
↓実際に筆者が行った必勝体験
〜ダンス後のスタジオにて〜
C『練習終わったから、モップかけよ〜と』
素敵な筆者『あ、じゃあじゃんけんしましょう』
二人でじゃんけん
素敵な筆者はグーを出して勝った。
素敵な筆者『おっしゃー!じゃあ勝ったんで私がモップしますね!
C『え⁉︎勝ったのになんで⁉︎』
素敵な筆者『いや〜、負けた人がやるなんて言ってませんよ?
その後、途中交代し、結果二人でモップがけした。

これだと、気持ちよ〜くモップがけできますね〜
だって、誰も損してないからさ〜〜。

つまり、じゃんけんの勝敗がどちらに転がっても、
自分の思い通りにできるということだーーー!!!

パターンは2つ

  • パターン1
    あなた:負け
    相手:勝ち
    素敵なあなた『わ〜負けた!やります✋』
  • パターン2
    あなた:勝ち
    相手:負け
    素敵なあなた『おっしゃぁ〜勝った〜!やります✋』

大事なことは、『負けた方がやる』というような制約を
じゃんけん前につけないことです。

勝負事があったら、ささっとじゃんけんして、
ささっと自ら進んでめんどいことをやりましょう。

そうすることで場はあなたのものになります。

ただし、複数人でのじゃんけんでは冷めるのでやめましょう。
『なんだあいつ、つまんな。鼻でもほじるか。』
という現実を見ます。

ですが、二人でのじゃんけんでは最強です。
相手を見極めてやってくださいね。

じゃんけん必勝法!?場を制すのはあなただっ!!②まとめ

勝負事があった→じゃんけん→負け(面倒ごとをやる)or勝ち(喜んでやる)

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Reo

一目でわかる【図解】のブログです。
■blog---------------------------------
Reoの『明日から使える便利術』を執筆
■sns----------------------------------
Twitter:れおぶろ✍️図解×ブログ
Instagram:【図解】レオの便利術講座 

-needs